ロビー、エントランスの展示

今日はさとうゆうじさんとカミイケタクヤさんの作品の展示作業をしました。大きな作品が搬入されミュージアムのロビー、エントランスがいつもと違う雰囲気に!!

広告

色、広がる

昨日は、参加作家の筆塚稔尚さんが来館し、展示作業を行いました。
ボランティアの方、工芸高校の生徒さんにもお手伝いいただきました!
和紙に有刺鉄線でハートの形をかたどったピースを壁一面にかけていきます。
壁いっぱいにたくさんの色が広がっていきました。

 

 

春!ピンク!

現在ミュージアムの中でも展示作業の真っ最中ですが、
ミュージアムの外でも、展覧会に向けて看板ができあがっています!

春らしいピンク色の看板で、皆様のご来館をお待ちしております。

ただいまの展示室

本日休館中のミュージアムでは、ただいまクロスポイント展に向けて設営作業の真っ最中です。
何もない空間から、少しずつ出来上がっていく展示室。
開幕まであと一ヶ月を切りました。
これから始まる展示作業、展示室の様子など、随時お伝えしていきたいと思います!

 

ラウンド・トーク

関連イベントのお知らせです。現在申込み受付中です!

ラウンド・トーク
「現代のアートを読み解く」

大島よしふみ×カミイケタクヤ×筆塚稔尚×依田洋一朗
モデレーター:毛利義嗣(京都造形芸術大学准教授)

日 時  平成29年4月15日(土) 13:30~15:00 (13:00開場)
会 場  香川県立ミュージアム講堂 (地下1階)
参加料  無料
定 員   230名(申し込み順)

出品作家の中から大島よしふみ氏、カミイケタクヤ氏、筆塚稔尚氏、依田洋一朗氏の4人が参加し、それぞれの制作や視点について話します。作品も年齢も活動する場もさまざまな4人ですが、彼らの創作活動やアートに対する姿勢からは、現代のアートを巡る諸相が見えてくるでしょう。モデレーターには、高松市美術館等の学芸員を務め、香川のアートを長年見続けてきた毛利義嗣氏を迎え、「現代アート」の多様性や可能性に迫ります。

応募方法
電話、ファックス、はがき、「かがわ電子自治体システム」で下記へお申し込みください。
ファックス、はがきでお申込みの場合は、講演会名、氏名、電話番号を明記してください。
「かがわ電子自治体システム」を利用したインターネットからの申し込みは、香川県ホームページの 「お役立ち情報 かがわ電子自治体システム」をクリックしてください。

お問合せ先
〒760‐0030 高松市玉藻町5番5号 香川県立ミュージアム 学芸課
TEL 087‐822‐0247 FAX 087‐822‐0049

クロスポイント展では、この他にも会期中さまざまなイベントを行います。
その他のイベントについてもこれからお知らせしていきますが、
イベント一覧につきましては、「イベント」をご覧ください!

展覧会のDMです

こちらは展覧会のDMです。
チラシとは逆に背景がシルバー、四角がピンクになっています。
葉書サイズなので、これからミュージアムの近くのお店などに置いていただく予定です。
こちらも見かけたらぜひ手に取ってみて下さい。

参加作家は、
稲崎栄利子、イワサトミキ、大島よしふみ、岡田真宏、カミイケタクヤ、亀井洋一郎、藏本秀彦、さとうゆうじ、田淵太郎、辻野榮一、得丸成人、長野由美、西村記人、野口哲哉、筆塚稔尚、松田有生、山端篤史、山本糾、依田順子、依田洋一朗
の20名(敬称略、50音順)です!
出品作家について もご覧ください。

 

img_3710