展覧会について

%e4%bd%9c%e5%93%81%e7%b5%84%e3%81%bf%ef%bc%88%e6%a8%aa%e9%95%b7%ef%bc%89

本展覧会では、現在国内外のアートシーンで精力的に活動を行う香川県出身およびゆかりの作家20人を紹介します。

香川は、江戸時代末期に玉楮象谷が香川独自の漆芸を打ち立てて以来、時代の潮流にとらわれない「ものづくり」が根ざす文化的環境を持っています。本展は、香川という土地をひとつのクロスポイント(交差する場)として、彼らの創作活動に焦点をあてます。20人は、年齢層も様々であり、絵画、彫刻、写真、映像、インスタレーション等多様な表現を行っています。彼らは固有の視点と独自の手法を備えながら、社会の現況を見据え今日の表現の可能性を探り続けているのです。

彼らの創作活動をひとつの共通項で括るのではなく、20人の20通りの表現が一堂に会すことで「表現」の多様性や可能性を示します。

広告